夫の扶養に入る前に払いすぎた国民年金はいつ戻ってくるのか

雑記

こんばんは、りょくです!

いきなりですが、

皆さん「扶養」という言葉には詳しいですか?

 

私はアラフォーですが、

結婚には無縁だと思っていたので、

全く扶養に関して勉強してきませんでした。

 

それが昨年末に結婚をして、

いざ妻を扶養に入れるかどうかという時に、

何も分からなかったのです。

 

その時に国民年金を払いすぎていて、

最近になって無事に還付されました。

 

今回は国民年金の還付について

実体験を元に書いていきたいと思います。

 

国民年金を払いすぎた経緯

  1. 昨年末に結婚
  2. お互い社員として働いていたので、それぞれ厚生年金を払っていた
  3. 3月に妊娠が分かり、色々事情があり妻が退職
  4. 扶養には年末調整で入れるものと勘違いをしていた
  5. すぐに扶養に入れた方がいいと気づき申請する
  6. 7月20日付で扶養認定

 

このようになります。

 

そもそもの間違いが、

扶養には年末調整で入れるものと勘違いをしていた

という部分ですね。

 

妻が退職した時に扶養に関して色々調べました。

その時にそう見た気がしたんですが、違ったみたいです。

完全に確認不足でした。

 

妻の場合は3月退職という事で、

106万の壁、130万の壁、150万の壁など、

それらには該当しなかったので、

3月の時点で扶養申請をするべきでした。

妻の年収によっては扶養に入れない場合がある(106万の壁、130万の壁、150万の壁)

 

その間違いに気づいたのが7月。

すぐに会社に扶養申請をしました。

扶養申請の仕方

私の場合は会社の総務に連絡をして、

必要書類一式をもらい、

記入して提出するだけでした。

 

  • 会社内の手続き書類
  • 健康保険組合の手続き
  • 年金の手続き

大きく分けてこの3つの書類で、

全部で7.8枚記入したと思います。

 

提出してから3日ほどで承認され、

7月20日付で扶養認定となりました。

 

その後1週間ほどで新しい保険証が届き、

市役所で国民健康保険から新しい保険証への手続きを。

 

市役所の方の話しだと、

年金に関しては特に手続きはないとの事だったので、

何もしていませんでした。

 

こうして無事扶養の手続きはできたものの、

3月~7月までに支払った国民年金と国民健康保険料に関しては、

戻ってこないだろうなと思っていました。

国民年金はいつからいつまで支払ったのか

妻が退社した3月~6月の4ヶ月分を支払ってしました。

 

その後、7月に扶養に入れた段階で、

年金事務局に連絡しました。

 

「妻が7月20日に扶養認定されたのですが、

年金は何月分まで支払えばよろしいでしょうか?」

と。

 

7月20日認定なので日にちが中途半端ですよね。

7月分まで払うのか、6月分までで良かったのか。

それを確認しました。

 

年金事務所の回答は、

「7月分まで支払いお願いします」

 

 

との事で、7月分を支払いしました。

日本年金機構から手紙が届く

8月12日付で日本年金機構から手紙が届きました。

国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書

 

内容は、

あなたの国民年金保険料が払い過ぎになっていますので

未納期間に充当し、残金を還付(払い戻し)します。

 

ようするに、

「払いすぎてるから返すよ!」

という事でした。

還付される金額は?

妻の場合は未納期間もなかったので、

3月~6月までの4ヶ月分の還付でした。

 

3月 16,410円
4月 16,540円
5月 16,540円
6月 16,540円

計66,030円の還付!!

あ、ありがてえ、、、

還付されるまでの期間は?

8月12日付で還付申請の手紙がきて、

そこからすぐに返送しました。

 

指定口座に振り込まれたのは、

9月16日でした。

 

約1か月くらいですね。

さらに還付される

少し時を戻します。

 

指定口座に振り込まれる前の

8月24日付で、

 

また『国民年金保険料過誤納額還付・充当通知書

が届きました。

 

!?

 

それによると、

「7月分も過払いなので還付します」

と記載が。

 

い、いいの?

 

 

という事でよく分かりませんが、

7月分も還付になりました。

 

10月2日に

16,540円入金確認。

 

ありがたや。

時系列でのまとめ

分かりやすく時系列でまとめていきます。

 

  • 昨年末に結婚
  • 3月 妊娠判明 3月19日退職
  • 3月~6月までの国民年金を支払う
  • 7月20日 扶養認定
  • 7月分の国民年金を支払う
  • 8月12日 日本年金機構から手紙 → 即返送
  • 8月24日 日本年金機構から手紙 → 即返送
  • 9月16日 3月~6月分 入金
  • 10月2日 7月分 入金

 

 

こうして見ると、

3月分の年金がどうなったかが謎ですね。

 

国民年金で支払ってないとすると、

退職する時に厚生年金で支払ってそうですが、

 

退職月の給料明細を見ると、

厚生年金と健康保険は何もひかれていませんでした。

 

「減額金」という項目はありましたが、

はたしてそれが当てはまるのかどうか。

 

総まとめ

まとめると、

 

国民年金は

払いすぎていても還付される。

という事でした。

 

扶養認定してから約1か月後に通知がきて、

返送してから約1か月くらいで入金。

となります。

 

私の場合は勘違いで、

「後々扶養に入れるつもりだった」場合の、

過払いでしたが、

 

色々な状況での勘違いはあると思うんです。

 

そんな時でも、

過払いであれば還付されるというのは

安心できますね。

 

同じようなケースの人は少ない気がしますが、

似たようなケースは意外と多いような気がします。

 

そんな方にこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました